ニューヨークのクラブでイタリア人男性にナンパされた体験談

私はニューヨークに長年住んでいましたから、ニューヨークで男性と知り合うことが多かったのです。

女友達からクラブに行こうと夜中に誘われて、おしゃれして出かけて行きました。

ニューヨークのクラブは大人が集まる場所で、日本のクラブとはちょっと雰囲気が違います。

私は黒のミニスカートのワンピースを着て出かけました。

その夜はイタリア人の男性が多く来ていて、話しかけてくる男性のほとんどがイタリア人でした。

私は踊るのに疲れて、椅子に座っていました。

すると男性が来て、座っていいか?と聞いてきました。

私はちょうどイチゴが食べたかったので、イチゴにホイップクリームを持ってきたら座ってもいいよ、と言いました。

その男性は場所を離れて、しばらくしたら、本当にイチゴにホイップクリームを手にして戻ってきました。

そのイタリア人の男性は40代後半くらいの感じの人でした。

そして椅子に座ると、褒め言葉を言い始めました。

綺麗だ、というのはもちろん、部分部分で褒めるのです。

私は嬉しいというよりも、おかしいな、と思いました。

なぜなら、イタリア人の男性はほぼ同じようなセリフを言うので、まるで、同じテキストブックで女性の口説き方を勉強したような感じがしたからです。

その男性とはいろいろな話をしました。

するとすっかり惚れられてしまって、今度、ディナーに行ってくれないか、と言われました。

話の内容がとても面白かったらしいのです。

しかし、私は行く気に離れませんでした。

イタリア人の男性は、自己紹介をし、イタリアのトリノ銀行のニューヨーク支店長ということがわかりました。

条件としてはいいのですが、なんとも一緒にディナーに行く気に離れなかったのです。

今だったら言ってもいいな、と思うのですが、その時には誘いに乗る気になれませんでした。

男性はバツイチでしたが、子供がいなかったので、円満に離婚できたと言っていました。

本当に今だったらな、と思い、やっぱりタイミングって大事だな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>